博多もつ鍋 和楽「特製もつ鍋(味噌味)」

食べログ3.5以上のお店

博多もつ鍋 和楽

特製もつ鍋(味噌味)

本場博多もつ鍋【やま中】の味を東京で!!
やま中で15年修行した店長が西麻布でオープンした和楽のもつ鍋。

博多の有名店で修行した店主が腕を揮う博多本格もつ鍋セットです。
白もつは本場九州でも簡単には手に入らない、新鮮な最上級鹿児島県産黒毛和牛を使用。
味のベースであるニンニクは、青森の産地証明付きの最高級品を使用。
そのほか角切りカットの九州産赤唐辛子を使うなど、素材にこだわっています。

3900円2人前

【内容物】スープ 450g / もつ 200g / 赤唐辛子 / 白ごま(※味噌味のみ)

  • 画像は調理例です。
  • ご家庭での調理が必要となります。
  • 野菜等の具材は別途ご購入下さい。
  • 商品は冷凍鍋です。
通販でもお買い求めいただけます!

鍋スルで取り扱っている鍋のほとんどが大量生産されていない希少な鍋です。
商品は余裕を持ってご用意しておりますが、鍋スル(自動販売機)と併売しており、商品は常に変動しております。
ご注文タイミングによっては商品発送までお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。
商品発送までお時間がかかる場合には、別途ご連絡申し上げます。

博多もつ鍋「和楽」のこだわり

新鮮な食材へのこだわり

白もつは本場九州でも簡単には手に入らない、新鮮な最上級品を調達。
味のベースであるニンニクは、青森の産地証明付きの最高級品を使用。
そのほか角切りカットの九州産赤唐辛子を使うなど、素材にこだわっています。

新鮮な最上級のモツ

最上級の鹿児島県産黒毛和牛の白もつを使用

もつは、他の部位に比べ痛んだり臭いがでたりするのが早い食材です。
下処理に時間と手間が掛かると言われていますが、それは安い肉(2,3日前に卸された肉)であり、和楽の最上級の白もつは鹿児島産黒毛和牛を使用。
下処理は必要がなく、当店は博多から届いたもつをそのまま使っております。
特にもつの鮮度には気を使っており、博多から通常二日かかる所を空輸便で一日で届けてもらっています。
だから当店のもつは、もつ特有の嫌な臭いがありません。

九州産角切り赤唐辛子を使用

関東ですと漬物用などで流通している輪切りか、一本ごとに状態の赤唐辛子となりますが、本場九州では手で砕いたような角切りの状態の物が一般的です。
こちらの方が、辛みの角が取れ、うま味が強調されるので、本場より取り寄せた角切り赤唐辛子を利用しています。辛い物の苦手な方には、分量が調整できるようスープに加えられておらず、別梱包となっています。

ニンニクは本場の青森産を使用

和楽のニンニクは、本場青森の三戸より、現地ですり下ろされた物を仕入れています。
着色料や添加物などを一切使用してないため、季節によって色が変わりますが、それはニンニクが涼しくなり芽だしの時期になると葉緑素の色が出た自然なもので、安全性の高いニンニクであることの証です。
すり下ろされた状態では、産地の判別がつきにくくなりますので、生産者より「産地証明」を発行してもらい、裏付けられております。

スープへのこだわり

こだわり抜いた究極の「味噌」
秘伝の製法で作られる特製スープ

味噌味と醤油味

「味噌」深みの秘密は六種類の博多味噌

六種類の味噌をブレンドした農耕かつクリーミーな味。
天然素材の魚貝系と肉系素材から煮出したうま味を味噌に合う比率で調合したものに、複数の白味噌や赤味噌とおろしニンニクを加えました。芯から暖まるお鍋です。

味噌味のモツ鍋

どちらも初めてあってもおいしく召し上がっていただけますが、あえて、申し上げるなら、最初は「味噌味」をお勧めします。

ご家庭で美味しいもつ鍋の作り方

博多「やま中」の流れを汲む「和楽」のもつ鍋の調理方法をご紹介いたします。
お店で召し上がるもつ鍋と同じ調理方法なので、お店に来られない方でもご自宅で和楽の味が楽しめます。

もつとスープを解凍します

食べる2~3時間ほど前に冷凍庫から、もつとスープを出し解凍して下さい。
電子レンジでも解凍できますが、もつに火が通ってしまうと風味が落ちますので、自然解凍をお勧めします。

野菜類をカットします

キャベツは、5cmぐらいのざく切りに、ニラは5cmぐらいの長さに、ゴボウは4cmぐらいにカットした物を千切りにして下さい。豆腐はお好みの大きさでどうぞ。
※野菜や豆腐などの具材は別途ご用意下さい。

盛り付けた野菜

材料をセットします(ニラだけ後入れです)

水、スープ、もつ、ニラを除いた野菜類を鍋にセットします。
ニラは食べる少し前にいれますので、はじめにいれないで下さい。
スープは濃縮タイプですので1袋に対して100cc程度の水で薄めてご利用ください。
(約100cc~160cc妥当)

水は少なめに入れ、後から追加するようにしてください。
薄くなってしまった物をこくはできませんが、濃い場合はうすめられます。

鍋をセット

煮立ったらニラを入れてできあがり

お鍋が煮立ったら灰汁汁をとり、ニラを加え、お好みで別梱包されている、赤唐辛子やごま(味噌味の場合)を乗せればできあがりです。
和楽の味をご堪能ください。

ニラを乗せ完成した鍋

〆にチャンポン麺またはごはんを入れてもOK

具を食べた後は、チャンポン麺やご飯をいれてもおいしくいただけます。
ご飯には卵や青ネギなどを加えると一層おいしく召し上がれます。
チャンポン麺は、もつ鍋の鍋とは別の鍋で解凍してからスープへ入れてお召し上がりください。
※麺を解凍する際には、沸騰したお湯をご利用ください。

〆の麺