こうづき「あご出汁もつ鍋(赤辛味)」

福岡

こうづき

あご出汁もつ鍋
(赤辛)

味の決め手は、焦がしにんにく油!
スパイスが効いたスープとジューシーなモツが絶品

5種の調味料を合わせ、スパイスを効かせた辛さがやみつきになる赤辛鍋のもつ鍋は、冬はもちろん夏も食べたくなる、辛いもの好きにはたまらない味です。
味の決め手はマー油。マー油は焦がしニンニク油とも呼ばれており、熊本ラーメンでは香味として用いられています。マー油を使うことで香りとコクが際立ち、スパイスの辛味、ニンニク、もつ肉のジューシーさが更に旨味を生み出し、病みつきの美味しさです。

3,300円2人前

【内容物】
赤辛スープ230g / 九州産黒毛和牛もつ200g / ちゃんぽん麺1玉 / 炒り胡麻 / 鷹の爪 / 自家製混合出汁15g / フライドガーリック

  • 画像は調理例です。
  • ご家庭での調理が必要となります。
  • 野菜等の具材は別途ご購入下さい。
  • 商品は冷凍鍋です。
通販でもお買い求めいただけます!

鍋スルで取り扱っている鍋のほとんどが大量生産されていない希少な鍋です。
商品は余裕を持ってご用意しておりますが、鍋スル(自動販売機)と併売しており、商品は常に変動しております。
ご注文タイミングによっては商品発送までお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。
商品発送までお時間がかかる場合には、別途ご連絡申し上げます。

お好きな辛さが選べます。
味の決め手はマー油。

当店の赤辛もつ鍋は西京味噌・柳川の赤味噌・豆板醤・甜麵醬など5種類の味噌を独自でブレンドし、旨味・辛味の調和がとれた辛党であれば外せないもつ鍋に仕上げております。
唐辛子の本場韓国の有名人などにも愛されており、刺激と丸味のバランスの取れた逸品です。本物の辛党の方に是非ともお勧めしたいもつ鍋です。

出汁へのこだわり

こうづきではオリジナルの出汁を自社独自の配合で使用しております。飛魚(あご)・鰹・鮨・鰯・むろ鯵·昆布・椎茸などを使用し、旨みと香りが強く黒毛和牛のモツとの相性を考え抜かれた自慢の混合出汁です。
ご家庭でも出汁の香りを味わって頂きた<、お店で使用している出汁をそのままお届けいたします。

香辛料へのこだわり

【豆板醤(トウバンジャン)】 独特な辛味と塩味が特徴で、皮を剥いたそら豆を発酵させた中国の味噌です。長く熟成されると焦茶色が濃くなり、味もまろやかになります。
【甜麺醤(テンメンジャン)】 小麦粉等から作られた中華の甘味噌で、生食もでき、北京ダックや回鍋肉等に使われます。
【コチュジャン(コチジャン)】 一般的に唐辛子味噌のことを指し、穀類の麹に唐辛子・ 塩 等を加え発酵させた赤みを帯びた甘辛い味が特徴の調味料です。

黒毛和牛小腸へのこだわり

もつ鍋こうづきでは、佐賀や伊万里の優れた汽質を持つ血統ある銘柄、黒毛和牛の新鮮な小腸を毎日仕入れています。
ミックスホルモンではなく、小腸のみを提供しております。スープが絡んだぷりぷりのもつ肉を一口頬張ると、口の中でジュワッととろけて甘い旨味が広がります。

ご家庭で美味しいもつ鍋の作り方

お野菜を準備しておく

[ご家庭でご準備いただく食材(2~3人前)]

  • 一口大にカットしたキャベツ 300g(1/4玉程度)、笹がきごぼう50g、8cm位にカットしたニラ0.5束
  • 食べやすい大きさにカットした豆腐 (1/4丁分)、水500cc
  • 4~6人前の場合は倍の分量を目安にご準備ください。
  • 1人前の場合は半分の分量を目安にご準備ください

鍋にスープを準備する

鍋に出汁パックと水を分量通り入れ、火にかけます。
沸騰直前に弱火にして5分ほど煮出したら出汁パックを取り出し、付属のスープを全量入れます。

具材を煮込む

笹がきごぼう・キャベツ・豆腐を入れ、キャベツが柔らかくなるまで中火で(10分程)煮ます。
モツを入れ5分程煮込み、ニラをきれいに並べ白胡麻・輪切り唐辛子を盛り付けます。
ニラを軽く沈めて、ニラに火が通ったらお召し上がりください。

もつ鍋完成

モツを熱湯で5秒ほど茹でてからお鍋に入れると、余計なアクと脂が落ちてより一層美味しく召し上がれます。

半分ほど召し上がったあたりで生クリーム20cc又は牛乳100ccを入れてみてください。おすすめです!

〆の作り方

ちゃんぽん麺を入れ、一煮立ちさせます。スープが煮詰まっているようでしたらお水で薄めてください。 水洗いしたご飯・溶き卵・刻み海苔などで雑炊としても美味しくお召し上がりいただけます